活動報告

当院の村重院長がチームドクターを努める、全日本男子シッティングバレーボールチームでの活動報告やクリニックスタッフに関連する活動報告を行っております。

Sitting Volleyball World Championship(シッティングバレーボール世界選手権大会)に帯同してきました(^^♪ R5.1.5

新年あけましておめでとうございます。院長の村重です。

最近午前中に患者様が集中し、午後の番号取得枠がほとんど無くなる事態となっており、ご不便とご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。本年もより良い医療提供を目指して精進してまいりますので、よろしくお願い致します。なお、もし午後でも来院できそうであれば、分散受診にご協力の程よろしくお願い申し上げます。

さて、本来であれば昨年中にご報告しなければならないところでしたが、ご報告が大変遅くなり申し訳ありませんm(__)m

今回3年ぶりに開催された国際大会に帯同してきましたので、今までと同様、日記風の長文になりますが報告させていただきます。超長文ですが、最後までお付き合いください(*^-^*)

Day1 民族の大移動?

今回の大会は、11月4日から11日にかけてボスニアヘルツェゴビナで行われた世界選手権大会。直前合宿からNTC(ナショナルトレーニングセンター)に選手と宿泊し、月曜の夕方から皆で乗り合いタクシーにて羽田空港へ。これから異常に長い移動の始まりです(*_*)

搭乗手続きの列に並ぶ選手・監督(^^)/長旅の始まりです

↑搭乗手続きの列に並ぶ選手・監督(^^)/長旅の始まりです

イスタンブールでサラエボ行きの飛行機に乗り込む選手たち

↑イスタンブールでサラエボ行きの飛行機に乗り込む選手たち

イスタンブールまでトルコ航空で13時間。イスタンブールで乗り継ぎが悪く8時間も滞在!!そこから2時間かけてサラエボへ。

ようやくサラエボに到着・・・・((+_+))

↑ようやくサラエボに到着・・・・((+_+))

下記にて大会の映像などが見られますので是非見てみてください(^^)/
https://youtube.com/c/WorldParaVolley

NTCを出てからは30時間近く経過しています。現地時間16時くらいにホテルに到着し休みなく選手・スタッフのPCR検査を現地スタッフが実施するために、私がやり方を聞いて選手・スタッフを配置。今回は女子が参加しておらず、通訳などは居ないため、私が通訳替わりのためです。。。。。((+_+))

1人でも陽性が出れば、大会に出られないかもしれないだけでなく、強制送還されかねません。。。。(*_*; 結果が出るまで緊張しましたが、全員陰性で一安心(*^-^*)

ちなみに日本では考えられないくらい誰もマスクを着けていませんでした(*_*)アメリカなど一部の感染がひどかった国以外はやはり、習慣もないですし、ほとんどマスクをする意義を感じないのでしょうか。。。。。(*_*)

今回はホテルに付いているアリーナがあり、そこが大会会場になります。荷物を置いたらすぐに、まだ設営中の会場を横目にその隣の練習用体育館で、選手は長旅で固まってしまっている筋肉をほぐすために、帯同トレーナーによりストレッチや軽いトレーニングを実施しました。

Day2 選手クラス分け

2日目はドクターらしい仕事がありました(*^_^*)初日の長時間の移動や環境の変化(空気が汚い)により喉の不調の選手が数名おり、日本から持参の薬剤を処方しました(^^)/もちろんドーピングにかからない物を私がセレクトして、症状が出やすいものを予想して持参しています。

誰一人として何もなく終了するのが一番良いのですが、このように何かあった場合、腕の見せ所です。症状が長引いて大会に良いパフォーマンスで出場できないことはあってはならないからです。幸いこの選手たちは皆回復に向かいました(^^♪

昼からは新たに全日本男子としての登録をした2名の選手と、クラス分けに参加。シッティングバレーは非常に簡単に言うと重度障害のSV1と軽度障害のSV2に分けられます。

新たに登録された選手はきちんと基準を満たしているか、専門のドクターにチェックされ、認定されて初めて大会に出場できます。もちろん海外のドクターですので、選手の通訳のような仕事をします(*^-^*)今回の2名は両名ともSV1に晴れて認定されました。

15時から1時間は練習があり、全員で前日のコートに移動して練習しました。

あとはスタッフとしての仕事です!いつもなら監督と通訳が行っている大会で使用するユニフォームチェック。今回は私が通訳替わり(そんなにしゃべれるわけではありません、念のため(*_*;)なので、監督に同行して初めて参加。ユニフォーム内の日本の国旗の大きさや文字の大きさなど、厳密にチェックされOKもらいました!

水分をいつもの大会なら500mlのペットボトルをどんどん補給してくれるのに対して、今回は殆どくれないらしく、監督と2人でホテルの敷地の向かい側にあるショッピングモール的なところへ行き、スーパーで水だけ購入。なんと値段がホテルで売っている同じメーカーの水の約四分の一でした!!( ゚Д゚)どんだけボッタクリなんだろうホテルは。。。。。。(*_*)

Day3 水が足りない・・・

試合や練習で選手が飲む水が足りないので、午前中スタッフ総出で前述のスーパーに買い出しに。500mlペットボトルを80本近く購入。それでも約6000円!スーパーでの食料品などの品は安い(*^^)vでも同じスーパーでも輸入品を扱っている店はかなり高価でした・・・例えばアシックスのシューズが3万円以上したり( ゚Д゚) 

500mlペットボトルの水をなんと48本!も1つのキャリーバッグに詰めて運んだところ、重さに耐えかねてキャリーバッグの脚が壊れてしまいました((+_+))

コーチと大量の水の入ったキャリーバッグをひく私

↑コーチと大量の水の入ったキャリーバッグをひく私。この直後、バッグに悲劇が・・・・((+_+))

14時から2時間、公式練習。今日は練習用コートだけでなく、設営が佳境を迎えている試合が行われる会場のコートでも練習を行いました。天井など、ボールが飛んだ時の感覚を選手ごとにつかんでいました。練習用のボールの空気圧がメチャクチャで、日本のコーチが地元ボランティアに直接指導(^^)/なんと最後の方にはそのボランティアがコーチにこれで良いか、と聞きに来て、他の地元ボランティアにそのボランティアが指導する、という姿を見て感動しました(*^^)v

本部から緊急の呼び出しがあり、17時からトーナメント方式についての説明があると招集されました。なんと明日から試合が始まるにもかかわらず、急にトーナメント方式を変更すると言ってきたではありませんか!なんじゃそりゃ(*_*;多数決をするから10分後に再集合と言われ、当然のごとく否決されました(*_*)

20時半からは開会式が別のホールで行われ、民族の踊りなどが披露されていました。ボスニアにも日本大使館があり、大使が駆け付けてくれました(^^)/

開会式で日本大使と記念撮影

↑開会式で日本大使と記念撮影(*^_^*)

Day4 ついに開幕!

9時からテクニカルミーティング。こちらもいつもは参加していませんが、監督の要望で一緒に参加。一般的には大会の入場方法や試合場所やルールの確認などで、特に変更なければすぐに終了するはずでした。ところが・・・

昨日のトーナメント方式変更について、否決されたにもかかわらず本部側からやはり変更する、と強行採決!肝心の新しく導入されたメディカルレコード(試合中に選手に何か大きなケガや病気が発生した時の報告届)については軽くサラッと流されました。。。。(*_*)

会議は紛糾し11時で終了せず、次に参加予定だったTUEセミナー(選手が治療のために薬剤を使用したときに申請するやり方についてのセミナー)はほとんど参加できず。。。(*_*;

さらに13時から予定だった「会長と語ろう!テクニカルセミナー」というものは、なんと会場に行ってもだれもおらず、キャンセルになったとの通達もなし(*_*;前述の強行採決が原因なのだろうか、と思いましたが。。。。キャンセルの通知くらいは欲しかった((+_+))

そんな本部のやり取りはさておき、選手たちには何事もなかったかのように影響なく17時半から初戦!アメリカ戦です。初戦の緊張もあり、善戦しましたが19‐25、15‐25、14‐25で敗戦。。。。得点より、内容が明らかに良くなっています!ラリーがかなりつながります!今回の大会から単に応援と体調管理だけではなく、チームの試合中のデータ取りのサブを任されているため、私も緊張感を持って臨んでいます(*^_^*)
そう、メインは当院トレーナー亀川が日本から取ってくれていたのです(*^_^*)通信が安定しなくなった時や、亀川が業務中には私が行う事になっていました。

選手の一人が切断端の大腿内転筋を痛めましたが、同行トレーナーのケアとこれまた私の持参した湿布にて軽快(^^♪

Day5 vsセルビア

今日からは朝イチでの試合が目白押し(*_*;このため、朝食6時半、起床は5時半!まあ、仕事の時は同じような時間に起きているから何とかなるか。。。。

5日目ともなると、同じような脂っこい食事ばかりバイキング形式で出てくるためだいぶ胃腸の調子が悪くなってます(*_*)朝食でもほとんど変わらないのでキツい。。。。(*_*)

朝食を食べる選手・スタッフ。私。

↑朝食を食べる選手・スタッフ。私。

試合は、実力が拮抗しているセルビアでしたが、14‐25、18‐25、23‐25と惜敗(*_*)3セット目は取れると思ったのですが。。。。。(*_*;

夕方からはまた練習をしました。ポーランドと明日練習試合をすることに。これからは単独の練習ではなく、海外チームに交渉して積極的に練習試合を組んでいく予定です。

Day6 vs地元ボスニア戦

今日も朝イチから試合!ボスニアは東京パラリンピック銅メダルのチーム(*_*;強敵です。地元のチームなので、日本戦であってもテレビ中継が入っていましたよ(*^^)vしかもパラスポーツにもかかわらず、ものすごい人気で観客が入りまくっていました(*^_^*)別に自分が撮られているわけではないのにちょっと気合が入りますね(^^♪

1セット目はあしらわれるように8‐25(*_*;2セット目は善戦するも14‐25。3セット目は控え選手が出てきて、途中まではイケると思いましたが、残念ながら15‐25でストレート負け。。。。それでも2軍の選手相手なら善戦できることが分かり、収穫はありました。

ちなみに日本は2軍の選手を作るほど人数が居ないため、9人のみのチーム構成です。日本ももっとパラスポーツのことをメディアに取り上げて、盛り上げて競技人口を増やして欲しいです((+_+))

終了後ドイツの監督に私が話しかけられ、本日どうしても練習試合をやって欲しいと頼まれました。ポーランドとの練習試合も決まっているので、1セットだけ、と約束して別れました。

ところが、いざやってみるとドイツは2軍の選手が多く、いいところまで追い詰められたのですが、2セット目もやる羽目に・・・・((+_+))その後ポーランドとも2セット行ったため、選手疲労が心配。。。。(*_*;ちなみにポーランドは1軍選手でしたが、実力拮抗していました!

Day7 vsイラン(世界No.1チーム!)

またまた朝イチから試合(*_*)今日からは順位決定戦です。

世界No.1チームだけあって、(例の大男がいるチームですよ(*_*;バックナンバー参照してください)1セット目は何も良いところを出せず5‐25。2セット目3セット目は今までの日本とは違い、そのままズルズルいかずに食らいつきましたが18‐25、9‐25とストレート負け。。。。やはり世界一は強い!

(言い訳ですが、、、、、最終セットは日本の主力選手の切断端にはめているソケットが緩んで外れて、それを直そうと選手交代している間にあっという間に得点され、流れを取り戻せませんでした。。。。。。((+_+)))

昼からはまた隣のスーパーに買い出しに行き、16時からは練習コートにて今度はブラジルと練習試合(^^)/1軍と2軍の混合となる1.5軍のような選手との試合です。3セットの予定でしたが、こちらがお願いすると、疲労を考えずあと2セット追加して全部で5セットもやってくれましたよ(^^♪ブラジル人は陽気で良い人達だ(*^_^*)最終セットはかなり良いところまで行きましたよ(^^)/

ちなみに・・・・昨日からどんどん入っている練習試合ですが、練習試合用のボール確保、得点ボードの手配、を私がいつも任され、練習試合の得点をつけていました(^^)/

ブラジルとの練習試合。得点をつける私(^^♪

↑ブラジルとの練習試合。得点をつける私(^^♪

Day8 vsイラク

今日も朝イチから試合(*_*)

しかし今日も15‐25、18‐25、20‐25で惜敗((+_+))それでも以前対戦したよりもかなり粘り強くラリーが出来ていて試合にはなっていましたね(^^♪

世界レベルとの練習試合ができるのはここしか無いため、練習試合をどんどん入れているので、選手の疲労がピークに達しており、敗戦も仕方ないか。。。。。。(*_*;

この試合から私が初めてチームの試合中のデータ取りを全て行いました(*^^)v私の取ったデータをもとにコーチが選手にアドバイスするため、緊張しましたv(*_*;

16時からの練習試合で良いこともありましたよ(^^♪カナダ・アメリカの混成チームとの練習試合でフルセットのうえ、3-2で勝ちました!!(*^^)v

2軍選手とはいえ、世界レベルに勝ったため、選手に自信がついたと思います。

試合後、カナダの監督からは今度日本で合同合宿やろうよ!というありがたいお誘いを受けました(^^♪単に日本に来たいだけなのかもしれませんが、滅多にないチャンスです。監督どうしがその後直接やり取りしていますが、実現すると良いですね(*^^)v

カナダ・アメリカの混成チームに勝った直後の記念撮影(^^♪

↑カナダ・アメリカの混成チームに勝った直後の記念撮影(^^♪

Day9 vsルワンダ

ルワンダは調子に乗せるとタチが悪いチームです(*_*)なにせポイントを取ると、アフリカ特有のノリノリの勢いで踊ったりするのです(*_*;

無限の体力??のチームにも善戦しましたが、22‐25、22‐25、21‐25とストレート負け。。。。しかしこれもだいぶ追い詰めることが出来ましたよ(*^^)v惜しい(*^-^*)

今日の練習試合はいろいろな国に交渉しましたが、どこの国も受けてくれず普通の練習のみとなりました。

そろそろどこの国も疲れてきて疲労がピークに達しているのでしょうか。

】Day10 セルビアと再戦!

1セット目、26‐28!惜しい・・・・2セット目、25‐19!!ついに世界から1セット取りました!!しかし善戦むなしくその後は19‐25、23‐25とセットカウント1-3で惜敗・・・・

これは取りたかった・・・・最終セットを取っていれば、もしかしたらフルセット戦っていたら勝てていたかも。。。。。((+_+))いや、タラれば話はやめましょう((+_+))

疲労がピークを越えているにもかかわらず、1セット取れたのはかなり進化している証!!(*^-^*)次からの日本代表に期待(*^-^*)

ワールドパラバレーの公式HPになんと!こんな写真が(^^♪

↑ワールドパラバレーの公式HPになんと!こんな写真が(^^♪まるで私が選手を鼓舞しているかのようですが、監督は座って指示しているので写っていないだけですよ(^^)/

公式戦は全敗し、16か国中16位に沈んだが、初参加の選手もいる中で世界相手にここまで得点を取れるようになっていることは、確実に以前までの日本代表とは違って進化しているという事(*^-^*)練習試合を含めると40セット近く世界を相手に試合を経験できたことは、選手の経験値も相当上がったと思われます。次回以降に期待をしましょう!(^^)/

Day11 帰国準備(‘_’)

JAPANとしての全試合日程は終了しており、本日から帰国に向けた準備です。

朝から、帰国に必要な選手の一人のPCR検査に立ち会い、陰性証明書の発行をお願いしたり、その陰性証明書の名前が間違っていて再発行してもらう手続きしたり、、、、明日の出発時間の確認に行ったり、、、、今日は大会本部を何回出入りしただろう。。。。。。(‘ω’)ノ

夜には決勝戦(ボスニア‐イラン戦)が行われました。地元開催が決勝戦のためか地元の人たちが集まりすぎて会場に入りきれず・・・・(*’ω’*)

決勝戦後は閉愛式とクロージングセレモニー(という名の各国集まって交流パーティー(^^♪)が行われました(*^▽^*)

クロージングセレモニーにて。ルワンダの選手と日本選手(^^)/

↑クロージングセレモニーにて。ルワンダの選手と日本選手(^^)/

あとは荷造りですが。。。。。。これが一番大変だった気がします・・・・(*_*)2週間分はさすがにキツいですね・・・・(*_*;

Day12 帰国民族の大移動?

12時出発の為、本来は11時チェックアウトのところ、12時まで部屋にいて良いことを昨日のうちに私が大会本部に交渉しておいたため、部屋でゆっくり過ごしましたよ(*^_^*)まあ、ギリギリまで荷造りしてましたが・・・・・((+_+))

帰りはイスタンブールでの乗り継ぎが4時間だったこと、イスタンブールからは偏西風に乗って飛ぶこともあり、20時間程度で日本まで帰国(*^^)vどんな旅も、帰路の方が早く感じますよね(^^♪羽田に到着した時の安心感が本当に凄かった・・・・(*^▽^*)

羽田に出迎えてくれた、帯同しなかったスタッフと。

↑羽田に出迎えてくれた、帯同しなかったスタッフと。

今回も長期にわたる不在にて患者様には大変ご不便をおかけいたしました。今後も同様の帯同の機会があると思われます。その節はご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程なにとぞよろしくお願い致します。

翌日からは現実に急に戻って診療です(^^♪この2週間、クリニックを支えて頂いたスタッフの皆様、ならびに関係各位の皆様にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。

診療内容