2021年の活動報告

当院の村重院長がチームドクターを努める、全日本男子シッティングバレーボールチームでの活動報告やクリニックスタッフに関連する活動報告を行っております。

トレーナー亀川 東京2020パラリンピック競技大会 日本選手団に選出

医療法人社団エムズ しんかま駅前整形外科/M’s Medical Fitnessのトレーナー亀川が、日本パラリンピック委員会の発表に伴い、東京2020パラリンピック競技大会  日本選手団(シッティングバレーボール男子)のケアトレーナーに選出されました。

日本パラリンピック委員会HP
※日本代表選手団名簿【コーチ・スタッフ】に記載されています。

これにより、亀川は2021年8月24日から開催されます
東京2020パラリンピック競技大会にてチームに帯同する為、事前合宿なども含め8月中旬より業務を離れる事となります。

皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

トレーナー: 亀川健太
資格: 柔道整復師
アスレティックトレーナー
障がい者スポーツトレーナー

コメント

村重院長を始めスタッフ、患者様・利用者様のご理解・ご協力の元、業務と平行して代表チームのサポートを続ける事が出来ました。
心より感謝申し上げます。
大会が開催された際には、精一杯日本チームのサポートに尽力する所存です。
その際は応援して頂けますと幸いです。

インソール作成を始めてみて…

ご無沙汰してます。
暑かったり涼しくなったりと気温の変化が著しくついていくので精一杯な理学療法士の村上です♪

さて早速今回の活動報告の本題です。

僕は理学療法士としてのリハビリ業務を行うのと同時に、インソールの提供を2年程前から行わせていただいております。
(インソールについて詳しく知りたい!って方はHP内で探して貰えたらと思います。)

月に平均して4~5足のペースで作らせていただいて、先日遂に記念すべき100足目の提供をさせていただきました!!!
実際には練習などでもっと作っているのですが…
自分の技術を商品として1つの形にし、沢山の方に提供できていることは本当に嬉しく思います!

そして最近良く言われる嬉しいお言葉がありまして、、、
「もっと早く見て貰えば良かった…」です。
インソールを作成していると実感するのが、足の不調や歩き方、靴の選び方などで悩まれている方が本当に多いんだなぁということです。

上記の様な嬉しいお言葉がいただける理由は何だろうと考えると、評価の「細かさ」「丁寧さ」にあるのかと思います。

作成するインソールの評価は、問診・歩き方・足の形状・歩きと全身の関係性・痛みの原因など多岐に渡ります。

評価を進めていくとどうしても「上手くいかない」「しっくりこない」となる時があります。
その時に原因を追及していくと、過去の怪我や脚の長さの違い、仕事や生活の癖などが原因となることが多いです。
特に脚の長さの違いは皆さん気づいていない方がほとんどですが、全く同じという人の方が少ないくらいです。
それらの原因がはっきりすると急に、歩き方・身体の状態・痛みが繋がり、評価がしっくりきて結果が得られやすくなります。

評価の際には歩き方や癖、その原因など様々なことを患者さんに細かく丁寧に伝えながら行うよう心掛けています。
その為皆さんしっかり変化を実感していただき、上記の様なお言葉をいただけているのだと思います!!

100足を越えましたがこれで慢心せず、より良いものを提供できるよう日々研鑽をしていき、これからも一人一人丁寧に向き合っていけたらと思います!!!
段々暑くなってきていますので、マスクをしていて喉が渇きにくいかもしれないですが、水分補給を忘れず脱水・熱中症に気を付けてください!

第32回日本運動器学会にて演題発表しました(^^♪ R3.5.11

院長の村重です。コロナ禍でだいぶ活動が制限されておりなかなか報告が出来ず申し訳ございません<m(__)m>

シッティングバレーボールの合宿帯同は変わらず行っているものの、なかなか公開できるような記事が書けずにいます。。。。

今回はこの5月8日から開催される日本運動器学会に演題が採択され、発表しておりますのでそちらの報告になります。

コロナ禍のためWeb発表という新たな形となっており、自分でスライドに発表のナレーションをつけてMP4形式にして提出でした。会場でしゃべらないので緊張はしませんでしたが、それでも噛んでしまいました。。。(*_*)


↑今回の発表スライド表紙。
先行研究と似たような結果にはなっておりますが、
活動性が落ちると骨密度はやはり低下するということを
実際の当院データにて示した形となります。

このたびの発表においては、私一人の力では達成することはできなかったと思います。関わっていただいたすべてのスタッフ、環太平洋大学准教授の小玉先生にはこの場を借りて御礼申し上げます。

今後も何か発表や投稿などの研究成果がありましたらこちらで報告させていただきますね(^^♪

第2回 院内勉強会 R3.2.25

初めまして!!
柔道整復師、アスレティックトレーナーの近藤です。

この度、第2回院内で勉強会を行いました!!(都合により第2回目からの報告となっております)


↑↑ 今回の勉強内容は「高強度運動(HIIT)」についてお話させて頂きました!

HIITとはHigh(高い)・Intensity(強度)・Interval(間隔)・Training(トレーニング)の略の事で、高い強度の運動を短い休息を取り入れながら行うトレーニング方法になります。

かなりしんどい運動になりますが、適切に強度や休息、運動方法を設定する事により、短時間でも効果を出す事が出来ると報告されています!!

今回の勉強会では、
このHIITを始めとする高強度運動がなぜ注目されているのか? どんな効果が期待できるのか? そもそもHIITとは何なのか?など
について科学的知見に基づいて発表させて頂きました。


↑↑ 今回は8名のスタッフが参加しました。

今後も継続して勉強会を開催していきたいと思います。

また、しっかりとプログラムされたHIITを行いたい・興味がある方はエムズメディカルフィットネスにて気軽にご相談ください!!
お待ちしております。

診療内容