上腕部・前腕部のしびれ

頸椎症(けいついしょう)

原因・病態

局所症状として、首・肩甲骨付近の痛みや肩コリなどを生じます。神経根(脊髄の枝)症状として、主に片方の首~肩~腕~手にかけて痛み・シビレ・力が入りにくいといった症状も生じます。
また、脊髄症状として、両方の手足がしびれたり動きが悪くなったりします。進行すると排尿・排便に異常が出たり、ボタンかけが難しくなる・階段を降りるのがこわくなるなどの症状も生じます。

原因

不良姿勢・繰り返す重量物の持ち上げ・頸椎に負荷のかかる運動などが原因です。
椎間板が変性して骨が変形し、骨棘(こつきょく)となって神経根に触れると神経根症となります。
また、靭帯の厚みが増してきて脊髄の通り道が窮屈になり、脊髄症となります。

頸椎椎間板ヘルニア

症状

首や肩甲部、上肢に痛みやしびれが走ったり、ハシが使いづらくなったり、ボタンがかけづらくなったりします。
進行すると足のもつれ・歩行障害が出ることもあります。まれに排尿障害や狭心症に似た胸部痛もみられます。

原因・病態

椎間板が加齢などで変性し、後方へ突出して起こります。
30~50代に多く、しばしば誘因なく発症します。悪い姿勢での仕事や、スポーツなどが誘因となることもあります。

手のしびれ

手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)

症状

示指(ひとさしゆび)・中指(なかゆび)を中心にしびれ・痛みが出ます。
しびれは環指(くすりゆび)・母指(おやゆび)に及ぶこともあります。これらは明け方に強くなり、手を振ると楽になります。
ひどくなると母指の付け根(母指球)がやせてきて、縫い物やボタンかけなどの細かい作業が困難となり、OKサインができにくくなります。

原因・病態

多くは原因不明ですが、正中神経が手首(手関節)にある手根管というトンネルで圧迫された状態です。
圧倒的に女性に多く生じます。また、妊婦・手関節周辺骨折・手を使う労働者にも生じ、閉経・透析も原因となります。

肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)

症状

初期は小指(こゆび)と環指(くすりゆび)の一部にシビレ感が出現します。麻痺が進行するに従い、手の筋肉がやせてきたり、小指と環指が変形を起こしたりします。

原因・病態

肘の内側で神経(尺骨神経)が慢性的に圧迫されたり牽引されたりすることで発症します。原因としては、神経を固定している靭帯やガングリオンなどの腫瘤による圧迫、加齢に伴う肘の変形、子供のときの肘の骨折による変形、野球や柔道などのスポーツなどがあります。

頸椎症(けいついしょう)

症状

局所症状として、首・肩甲骨付近の痛みや肩コリなどを生じます。神経根(脊髄の枝)症状として、主に片方の首~肩~腕~手にかけて痛み・シビレ・力が入りにくいといった症状も生じます。
また、脊髄症状として、両方の手足がしびれたり動きが悪くなったりします。進行すると排尿・排便に異常が出たり、ボタンがかけづらくなる・階段を降りるのがこわくなるなどの症状も生じます。

原因・病態

不良姿勢・繰り返す重量物の持ち上げ・頸椎に負荷のかかる運動などが原因です。
椎間板が変性して骨が変形し、骨棘となって神経根に触れると神経根症となります。
また、靭帯の厚みが増してきて脊髄の通り道が窮屈になり、脊髄症となります。

頸椎椎間板ヘルニア

症状

首や肩甲部、上肢に痛みやしびれが走ったり、ハシが使いづらくなったり、ボタンがかけづらくなったりします。
進行すると足のもつれ・歩行障害が出ることもあります。まれに排尿障害や狭心症に似た胸部痛も見られます。

原因・病態

椎間板が加齢などで変性し、後方へ突出して起こります。
30~50代に多く、しばしば誘因なく発症します。悪い姿勢での仕事や、スポーツなどが誘因となることもあります。

  • 活動報告
  • 当院では、反重力トレッドミルのAlterGを導入しています
  • 取り扱い 各種サポーターあります
  • アイチケット(待ち時間対策として)
  • モバイルサイト 携帯サイトへのアクセスはQRコードからが便利です
  • 患者の気持ち