大腿部・下腿部の痛み

腰椎椎間板ヘルニア

原因・病態

腰や臀部が痛み、下肢にシビレや痛みが走ったり、足に力が入りにくくなります。背骨が横に曲がり(疼痛性側弯)、動きにくくなり、重いものを持つと痛みが強くなることもあります。

原因

椎間板は線維輪と髄核でできていて、背骨をつなぐクッションの役目を果たしています。その一部が出てきて神経を圧迫し、症状が出ます。椎間板が加齢などにより変性し、断裂して起こります。悪い姿勢での動作や作業、喫煙が原因となることもあります。

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)

症状

腰痛はあまり強くなく、安静にしているときはほとんど症状がありません。背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、ふとももや膝から下にシビレや痛みが出て歩きづらくなります。しかし、少し前かがみになったり腰掛けたりすると、シビレや痛みは軽くなります。進行すると下肢の力が落ちたり、肛門周囲のほてりや尿の出が悪くなったり、逆に尿が漏れることもあります。

原因・病態

加齢・重労働・背骨の病気による影響で変形した椎間板・骨・厚くなった靭帯などが神経の通る脊柱管(脊髄の神経が通るトンネル)を狭くします。これにより神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して発症します。椎間板ヘルニアに比べて多くは中高年に発症します。

  • 活動報告
  • 当院では、反重力トレッドミルのAlterGを導入しています
  • 取り扱い 各種サポーターあります
  • アイチケット(待ち時間対策として)
  • モバイルサイト 携帯サイトへのアクセスはQRコードからが便利です
  • 患者の気持ち