腰の痛み

腰椎椎間板ヘルニア

原因・病態

腰や臀部が痛み、下肢にシビレや痛みが走ったり、足に力が入りにくくなります。背骨が横に曲がり(疼痛性側弯)、動きにくくなり、重いものを持つと痛みが強くなることもあります。

原因

椎間板は線維輪と髄核でできていて、背骨をつなぐクッションの役目を果たしています。その一部が出てきて神経を圧迫し、症状が出ます。椎間板が加齢などにより変性し、断裂して起こります。悪い姿勢での動作や作業、喫煙が原因となることもあります。

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)

症状

腰痛はあまり強くなく、安静にしている時は、ほとんど症状がありません。背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、ふとももや膝から下にシビレや痛みが出て歩きづらくなります。しかし、少し前かがみになったり腰掛けたりすると、シビレや痛みは軽くなります。進行すると下肢の力が落ちたり、肛門周囲のほてりや尿の出が悪くなったり、逆に尿が漏れることもあります。

原因・病態

加齢・重労働・背骨の病気による影響で変形した椎間板・骨・厚くなった靭帯などが神経の通る脊柱管(脊髄の神経が通るトンネル)を狭くします。これにより神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して発症します。椎間板ヘルニアに比べて中高年に多く発症します。

小児の脊柱側湾症

症状

通常、痛みなどはありません。思春期の特発性側弯症は、片側の肩が高い・片側の肩甲骨が突出している・ウエストラインが非対称である・胸郭(きょうかく)が変形しているなどから、家族が気づくこともあります。進行すると胸郭の変形により呼吸機能障害を伴うこともあり、整形外科医による定期的な診察と治療が必要です。

原因・病態

思春期特発性側弯症は原因不明です。そのほか、背骨に生まれつきの形態異常を伴う先天性側弯症や、まれですが神経や筋肉疾患に伴う側弯症があります。これらは自己矯正できませんが、椎間板ヘルニアなどで痛みによって見られる疼痛性側弯・下肢の長さの違いにより見られる代償性側弯など原因を解決すれば解消する側弯症もあります。

強直性脊椎炎(きょうちょくせいせきついえん)

症状

初発症状は腰痛・臀部痛・背部痛などであり、体がこわばった感じがします。手足の関節やアキレス腱付着部(かかと)などの痛みや腫れが出ることもあります。進行すると背骨の動きが悪くなり、姿勢は前かがみとなり、上を向きにくくなります。

原因・病態

原因は不明ですが、遺伝性があると言われています。若い男性に多く見られますが、わが国では非常にまれな疾患です。

骨粗しょう症(こつそしょうしょう)

詳しくは骨粗しょう症ページヘ »

  • 活動報告
  • 当院では、反重力トレッドミルのAlterGを導入しています
  • 取り扱い 各種サポーターあります
  • アイチケット(待ち時間対策として)
  • モバイルサイト 携帯サイトへのアクセスはQRコードからが便利です
  • 患者の気持ち