手の先の痛み

手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)

原因・病態

示指(ひとさしゆび)・中指(なかゆび)を中心にしびれ・痛みが出ます。
しびれは環指(くすりゆび)・母指(おやゆび)に及ぶこともあります。これらは明け方に強くなり、手を振ると楽になります。
ひどくなると母指の付け根(母指球)がやせてきて、縫い物やボタンかけなどの細かい作業が困難となり、OKサインができにくくなります。

原因

多くは原因不明ですが、正中神経が手首(手関節)にある手根管というトンネルで圧迫された状態です。
圧倒的に女性に多く生じます。また、妊婦・手関節周辺骨折・手を使う労働者にも生じ、閉経・透析も原因となります。

ばね指(弾発指)

症状

指の曲げ伸ばしをする屈筋腱と腱の浮き上がりを押さえる靭帯性腱鞘(トンネル)の間で炎症が起こると指の付け根に痛み・腫れ・熱感が生じます。これが進行するとばね現象が生じます。

原因・病態

指の使い過ぎにより腱鞘(けんしょう:腱を包むさや)が肥厚したり腱が拡大し、通過障害を起こすためいっそう症状が強くなります。更年期の女性に起こることが多く、妊娠時・産後に生じることもあります。
糖尿病・透析患者にも発生し、母指(おやゆび)・中指(なかゆび)・環指(くすりゆび)に多く見られます。

へバーデン結節

症状

示指(ひとさしゆび)から小指(こゆび)にかけて第1関節が赤く腫れたり、曲がったりします。痛みを伴うことがあります。母指(おやゆび)に見られることもあります。第1関節の動きが悪くなり、痛みのために強く握ることが困難になる場合もあります。

原因・病態

原因は不明ですが、局所の所見は第1関節に発生する変形性関節症です。一般に40歳代以降の女性に多く発生します。

ガングリオン

症状

関節の周辺に米粒大からピンポン玉くらいまでの腫瘤(しゅりゅう)ができます。手を使い過ぎると腫瘤は大きくなることがあります。手首の甲にできることが多く、柔らかいものから硬いものまであります。不快感が伴いますが、多くの場合、強い痛みはありません。ただし、神経が圧迫されると痛みが出ることがあります。

原因・病態

関節包(関節を包むふくろ)や腱鞘(けんしょう:腱を包むさや)の変性により生じます。女性に多いですが、必ずしも手をよく使う人に多いとは限りません。

マレット変形(槌指)

症状

手指の第1関節が曲がったままで腫れや痛みがあり、自分で伸ばそうとしても伸びません。しかし、手伝ってやると伸びます。

原因・病態

突き指の一種で、ボールなどが指先に当たったときに起こります。指を伸ばすスジ(腱)が切れた状態のものと、スジ(腱)がついている骨の一部が折れた状態のものがあります。

爪周囲炎(つめしゅういえん)

症状

急性炎症では爪の周辺の痛み・発赤・腫れがあり、進行すると膿(うみ)が溜まります。ズキズキする痛みから、眠れないこともあります。

原因・病態

ささくれ(さかむけ)・ふかづめ・陥入爪(かんにゅうそう)・マニキュア・爪を噛む癖などが原因となって化膿菌が侵入して発生し、爪の根元に向かって化膿が進んでいきます。
この他にも指先の腹側が化膿するひょう疽という病態もあります。

強剛母指(きょうごうぼし)

症状

乳児の頃から母指(おやゆび)の第1関節が曲がったままで伸びない状態です。付け根部分にしこりが触れることがありますが、あまり痛がりません。

原因・病態

原因は不明ですが、母指(おやゆび)を曲げる腱が太くなり、硬いトンネル(靭帯性腱鞘)の中に入らなくなります。このため、母指が伸びなくなります。

デュピュイトラン拘縮

症状

手のひらから指にかけて硬結(こぶのようなもの)ができ、皮膚がひきつれて徐々に伸ばしにくくなります。環指(くすりゆび)・小指(こゆび)に多くみられますが、他の指や足の裏にもできることがあります。痛みはあまりありません。

原因・病態

詳しい原因はわかっていませんが、高齢男性・糖尿病の方に多く見られます。指を曲げるスジ(腱)は正常で、皮膚や周囲の組織(腱膜)の異常です。

リウマチによる手の障害(伸筋腱断裂:しんきんけんだんれつ)

症状

特に外傷はなく、急に手指が伸びにくくなります。

原因・病態

リウマチによる炎症や変形した骨による摩擦により腱が断裂します。

リウマチによる手の障害(手指の変形)

症状

手指関節の腫れや痛みのほかに、変形や脱臼のために手指に力が入りにくくなり、手が使いにくくなります。

原因・病態

手指の関節にリウマチの炎症が長く続くと、関節の破壊が進行するとともに、関節包や靭帯がゆるみ、腱の走行がずれて変形や脱臼が生じます。

関節リウマチ

症状

最初は両方の手や足の関節が対称的に腫れて、特に朝こわばるようになります。また人によっては膝関節や股関節などの大きな関節にも病変が及び、水が溜まったり動きが悪くなり、痛みのために日常生活に困難を覚えるようになります。貧血症状が出たり体がだるくなったり、微熱が出ることもあり、こうなると症状が悪化します。進行すると指や手首・足の関節が破壊され、指が短くなったり関節が脱臼して強く変形することもあります。また、首の一番上の骨が前にずれてしまい、脊髄が圧迫されて手足が麻痺したり呼吸がしにくくなることもあります。

原因・病態

遺伝的要素や細菌・ウイルス感染などが考えられていますが、原因はまだよくわかっていません。どの年代でも起こりますが、特に30歳から40歳代の女性に多く発症します。自分の身体の一部を自分のものではないとして、抗体を作っ て反応を起こしてしまい、次第に自分の軟骨や骨を破壊していく疾患です。

  • 活動報告
  • 当院では、反重力トレッドミルのAlterGを導入しています
  • 取り扱い 各種サポーターあります
  • アイチケット(待ち時間対策として)
  • モバイルサイト 携帯サイトへのアクセスはQRコードからが便利です
  • 患者の気持ち